step4

Giomerが働き続ける環境を整える

「Giomerで治療したから大丈夫!」・・・ではありません。
Giomerがあなたのお口の中で働き続けるには、
正しいホームケアと歯科医院でのプロフェッショナルケアが必要です。

STEP4-1

Giomerにフッ化物イオンを補給してください

Giomerの中にあるS-PRGフィラーは、フッ化物イオンをリリースして、治療したあなたの歯とその周辺をむし歯のリスクから守ろうと頑張ります。
しかし、リリースばかりになってしまうと、STEP2で説明した特長(機能)が発揮できなくなってしまいます。
そのため、毎日のホームケアでフッ素が入った歯みがき剤や口腔ケアジェルを使って、フッ化物イオンを補給してください。

STEP4-1 Giomerにフッ化物イオンを補給してくださいの図

▲ 歯みがきの時にはフッ素が入ったものを使い、フッ化物イオンをGiomerに補給してください。

ページ上部へ戻る
STEP4-2

正しいホームケアを心がけてください

歯並び、むし歯になりやすいリスクの高さ、噛み合わせ・・・一言でホームケアといっても、注意するポイントは一人ひとり異なります。
歯科医院で教えてもらった歯みがきのポイントやフロスの使い方など、正しいホームケアを心がけ、食べかすやミュータンス菌をはじめとする細菌や歯垢を取り除き、Giomerが働きやすい環境を整えてください。

実は歯ブラシでみがける歯の表面積は25%しかありません。残りの75%は、歯肉・舌・粘膜などです。しかも、歯ブラシでみがいても約40%のバイオフィルムが口の中に残っているといわれています。

一般的に効果的なホームケアの手順は次のとおりです。「ちょっと面倒だな~」と思われるかもしれませんが、できるだけ正しいホームケアを心がけてください。

1. ブラッシング
歯ブラシでみがくこと

2. フロッシング
デンタルフロスで歯と歯の間の汚れを取り除くこと

3. マウスウォッシング
口腔ケア専用の洗口剤(マウスウォッシュ)で口腔内を清掃すること

(参考) Kerr W.J.S.and D.A.M.Geddes.
The areas of various surfaces in the human mouth from nine years to adulthood.J.Dent.Res.1991,70(12)

STEP4-2 正しいホームケアを心がけてくださいの図

▲ 口の中にはこんなに多くの細菌がいます。正しいホームケアをしていないと細菌数がどんどん増えてしまうので、ポイントを抑えましょう。

ページ上部へ戻る
STEP4-3

日常習慣も見直してみましょう

よりよい環境を整えるために、ホームケア以外にも、見直すポイントをいくつかご紹介します。

食習慣

脱灰 > 再石灰化の状態が続くとむし歯になると、STEP1-2でお話しました。
食事の回数が多かったり、糖質の多い食べ物をよく摂ると、脱灰の時間が長くなってしまうので、食事やおやつは決めた時間に食べるようにしましょう。

だ液をよく出す

よく噛んで食べたり、ガムを噛んだりすると、だ液が多く出ます。だ液がなければ再石灰化が進まないため、だ液を多く出すことも大事です。

STEP4-3 日常習慣も見直してみましょう

▲ よく噛むことで唾液腺が刺激され、唾液が多く出ます。

ページ上部へ戻る
STEP4-4

歯科医院でプロフェッショナルケアを受けてください

「定期的に歯科医院に通い、プロフェッショナルケアを受けていた患者さん(A)と、そうでない患者さん(B)の10年間に失われた歯の数の違い」という調査結果で、大きな差があらわれています。
例えば、60歳以上の方はAの場合は一人当たり0.61本であったのに対して、Bの場合は10.91本も歯を失っています。

歯科医院では、患者さん自身では除去しきれないバイオフィルムや歯石や歯垢、着色などの汚れを取り除くことができ、むし歯や歯周病の予防につながります。
プロフェッショナルケアでは、清掃する部分(歯の表面や溝、歯と歯の間、歯肉に近いところなど)や汚れの種類や付き具合、被せものやつめものの素材など、さまざまなことを調べます。そして、使用する器械やペースト、みがく器具を使い分けて清掃します。あなたの歯を大切に、長く使うために、定期的に歯科医院でプロフェッショナルケアを受けてください。

(参考) 新庄文明、鈴木尚、池田雅彦 著:「成人、高齢者にたいする歯科臨床における歯周病予防指導の効果についての研究一喪失歯数に与える影響」『老年歯学 第3巻1号』15-19、1989

STEP4-3 歯科医院でプロフェッショナルケアを受けてください

▲ ホームケアでは取り除けないバイオフィルムや歯石、着色、細部の汚れを、プロフェッショナルケアで取り除いてもらいましょう。

ページ上部へ戻る